FC2ブログ

2019-03

信州大学へ入ろう。自動車部に入部しよう。農学部に入ろう。




こんにちは。

教授に危機感を煽られ煽られまともに勉強をやり始めた農学部保坂です。
意外としっかり勉強すれば単位をスンナリ貰えることにやっと気が付きました。















巷ではセンター試験も終わり、つい先日前期入試があったようですね。
受験生の皆さん最後まで頑張ってくださいね。

信州大学は他の大学に比べて2次試験で挽回しやすいらしいですね。
また、難易度のわりに有名企業に就職しやすい
お手軽国公立大学とも言われているらしいです。


第一志望が信州大学の方はぜひ自分の望む未来が実現できるよう
最後まで手を緩めずに突っ走ってください。

また第一志望に手が届かなくて仕方なく信州大学に志望校を変更する方もいると思います。
信州大学は自然豊かで面白い研究室もあり、
何しろ地域に密着していると勝手に言ってr大学なので決して悪い選択肢ではないと思います。

住めば都というか…来たら来たらで絶対楽しいと思います!!


















僕は楽しくないですが




















ところで
後期入試で信州大学を狙ってる方で
学部選びで悩んでる方はいませんでしょうか。

大学生になったら女の子に囲まれながら笑顔で暮らしたい・・・
車に毎日乗ってキャンパスライフをエンジョイしたい・・・
大自然に囲まれながら牧歌的に生活したい・・・
帰り道でキツネやタヌキやヒグマに遭遇したい・・・

そう思ってる方は結構いるのではないでしょうか?

工学部は男祭りですし、理学部は地図や数式を見てニヤニヤしてるし
繊維学部は松本に行くのに毎回高いトンネル交通料金を請求されます。

ああ、信州大学ってやっぱりパンフレット詐欺か・・・
受験生の悲痛の叫びが聞こえてきますね。





落ち込んでいるキミ!



















忘れることなかれ!













信州大学には農学部伊那キャンパスがあるではないか!



























わすれてた?

基本他学部の学生にも忘れ去られているのでお気になさらず。






















農学部は素晴らしい学部です。

女子生徒は多いし
自然豊かですし
空気はおいしいですし
最寄り駅から徒歩で1時間半ですし
谷なので風が強くて洗濯物がよくなくなるし
キャンパス内にクマが出没するし


あゝ、これが私の夢見た大学生活かな


きっとそう思える
非常に魅力にあふれるキャンパスライフを送れると思います。













バイト終わりに友人から
今日〆たニワトリあるんだけど食わん?

とか

森でシカ捕まえたんだけど片して食わん?

とか

りんご作り過ぎたんだけどいる?

とかメッセージが来る学部はそうない筈です。
























まあ何が言いたいかというと
農学部に自動車部員が入れよって事です。


いや、笑い事ではないですよ。






































ガレージから200km離れた広大な土地でひとりで整備する、
そんな気持ち、あなたは考えたことがありますか?



























とりあえず信州大学に入学して自動車部に入ろうと思ってるキミ
まだ間に合います。
農学部に入ろう。






工学部の試験は難しいです。
農学部の試験は緩いです。
農学部に入ろう。





松本はどこへ行くのにも渋滞します。
伊那は渋滞の概念がありません。
農学部に入ろう。





保坂は寂しいです。
初の農学部部員が最後の農学部部員になることが。
一緒にロードスターのミッションを下ろそう。





















僕には夢があります。

車の話をしながら
毎週末楽しく後輩と鍋を囲む夢が。






僕には夢があります。

刺さった後輩を
助けに深夜ロードスターに乗る夢が。
















今日も星空を見上げながら
農学部部員の誕生を待ってます。


































と、個人的な願望をつらつらと書き殴りましたが
もちろん農学部以外の新入部員も大歓迎です!


現在、当自動車部には工学部をはじめ
繊維学部、教育学部、理学部、刑法学部、そして農学部の学生が
部員として様々な活動を行っています。


欲を言えば、人文学部と医学部の新入部員が入部してもらえたら
全学部コンプリートとなりますが、
大切なのはどの学部なのかではありません。
車をただ愛する。
そのことだけが重要なのです!





















車を愛する形には個人差があると思います。

















愛車をきれいに保つ。

2018年 部外ジムカーナ_180708_0051




自分の思った形にカスタムをする。

IMG_9898.jpeg










モータースポーツを通して車の魅力を確認する。

DSC_0408_convert_20171126215757.jpg












信州大学自動車部には様々なアプローチの仕方で
自分の愛する車と対話する部員がいます。

その様な部員とのかかわりを通して
車のすばらしさを発見してみてはいかがでしょうか。














私をはじめとする2016年度入部生は最初は車について全く知識がなく
右も左もわからない状態でした

20160501204833c65_2019022719571482a.jpg

↑右も左もわからない1年生なんち














ですが、先輩方やイベントで知り合った関係者様との関りを通して
なんて車は深く、そして面白い物なのかと認知することができました。






そして自分の目標のため寝る間も単位も惜しまずバイトをし、
手にした初めての車。
そのキーを回したところで私たちはまた新しい
冒険の一歩を踏み出すことができました。

2017新歓カートBBQ_170509_0062

↑冒険の第一歩を踏み出した2年生となった大友となんち
















車はヒトを笑顔にも涙にも変えさせる機械です。
故障に次ぐ故障で涙にくれた日々もありました。
でも、私たちに数多くの出会い、喜び、そして笑顔を与えてくれたのは
まぎれもなく車でした。

















今となっては初めてキーを回した時の
ワクワクは少し薄れてしまったかもしれません。
しかし、車を通して出会った仲間と新たな冒険をできるという
ワクワクは今でもあり続けると思います。

2018051314151630bs_20190227195711a42.jpeg

↑3年になってもワクワクはとまらない













周りが就活や卒論に取り組む姿が増え
なかなか忙しい日々が続いていますが
車のそばに立っている部員たちは心なしか晴れやかな姿なきがします。














もうすぐ4年という事もあり様々なことを考えるようになりましたが
やっぱり僕は信州大学自動車部の部員で良かったと心の底から思います。

現役生もそんな風に思えるよう様々な経験を積んでいってもらいたいです。


そして4月に入部してくるであろう新入部員には
素敵な大学生活を自動車を通して送ってくれることを願ってやみません。



















味のある方はぜひ新歓にいらしてくださいね。
部員一同心よりお待ちしております。






























以上、実験の待ち時間で
今までの思い出を振り返りながら何となくブログを書いてみた
農学部保坂がお送りいたしました。

何か後半意識高いな・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://assacblog.blog94.fc2.com/tb.php/424-8e78b43f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

assac

Author:assac
活動内容を報告するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (162)
活動報告 (117)
個人活動 (16)
中西 (25)
お知らせ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード