2018-05

K4-GP 2017夏の耐久参戦記

こんにちは。

母親に電話する際に井上陽水のモノマネを挟むことがあるイカ中佐です。

だいたいスルーされます。



我が信州大学自動車部のメインの活動のひとつであります、軽自動車耐久レース。

今年は8月11日に富士スピードウェイで行われたK4-GP500㎞耐久レースに、前回を上回る「100周完走」を目標に参戦しました。


その様子を報告していきたいと思います。



まずは6月10日のライセンス講習会について。




というもののこれと言った事件もなく平和に終わりました。

強いて言えば、午後の走行会の車両レギュレーションが「車種不問(常識の範囲内で)」というモノだったせいで、JZX100やらFD3Sやらが平然とホームストレートをすっ飛んでいたくらいでしょうか。




事件が起きたのはレース本番の1週間ほど前のこと。

もともと単位が足りなくて集中講義を受講する人達は、レース前日8月10日の夕方にならないと長野を出発できなかったのですが……

しかし、積車のレンタカー予約をしたところ、10日の夜まで借りられないという困った事態に。

ということで、レース前日の夜10時に全員で長野を出発し、富士のゲートオープンに間に合わせるという強行軍になってしまったのです。

K4GP2017_171002_0018.jpg
貞子なう






こうして、我々の睡魔との闘いが幕を開けました。


怪しい黒ヴィヴィオに小俣を乗せて飛んできた青柳は諏訪湖SAで合流。

K4GP2017_171002_0005.jpg
週刊誌かな?


ちなみに1年生は誰一人、来ませんでした。
先輩は寂しいよ。

サービスエリアに寄る度に運転を交代したりしながら、霧雨の降る富士スピードウェイのゲート前に到着したのは早朝3時のことでした。




なお初参戦だった昨年は車検必須でしたが、今年は車検なし。




ちなみに昨年からのマシンの変更点は以下の通りです
・前後バネレートアップ
・タイヤをSタイヤからADVAN Neova AD07へ変更
・フロントブレーキパッド変更
・車内へのエアダクトの取り回し変更  ほか




しばしの休息の後、午前の練習走行へ。
6月の練習走行で時間の都合で運転できなかった、服部、栃谷の2人が走行しました。

15071854856QE9yumTtvzLsZD1507185482.gif
ウッス

この頃に'14の先輩方4人が応援に駆けつけてくれました。

部のバーベキューセットを持ち込み、パドックで肉を喰らいながらレース観戦というとても贅沢な週末を過ごしていました。

K4GP2017_171005_0061.jpg


そしてろくな睡眠もとれないまま、いよいよレース本番へ。




スタートドライバーはダートマイスター豊嶋部長。
12時にコースインし、グリッドに並びます。




K4GP2017_171005_0090.jpg



そして13時、フォーメーションラップからローリングでレーススタート!

今回のドライバーは、 豊嶋→栃谷→服部→金川→イカ の順。


前半は燃費を気にせずハイペースで走行し、「どうせ30分前からはランオフエリアで停止できるから」ということで、ラストドライバーのイカで燃料を調整する作戦。
その作戦どおり、豊嶋は昨年堀内さんが記録したベストタイム、2分40秒967と同等のペースで周回を重ねていきます。

15周目には2分39秒862を叩き出し、部長の実力を存分に発揮しました。


19周目、レース前の作戦会議ではドライバー交代のみのピットインの予定でしたが、レース序盤の給油エリアが空いているうちに1回目の給油を済ませてしまおう、ということで豊嶋は給油エリアへ。

今回の500キロレースは2回の給油が義務付けられていましたが、給油エリアのスルーのみのいわゆる「ゼロ給油」で1回目を消化。


そのままピットへ戻り、スカイライン乗り栃谷へドライバー交代。



栃谷は3分フラット程度のペースながら、1周あたりの燃料消費量をピッタリ0.3リットル(燃費計での数値)に合わせて周回し続けました。


しかし……







霧が濃くなり、視界がどんどん悪化し始めます。



レース開始から2時間が経過。

36周目に栃谷がピットイン、ドライバーはササリパーク服部へ交代。



服部が走り始めた直後、不運はやってきました。

K4GP2017_171005_0059.jpg


あまりの濃霧で危険と判断されたのか、セーフティカーがコースイン。

運良くセーフティカーのすぐ後ろに付けたものの、服部はわずか7周しかレースペースで走ることができませんでした。




レース開始から3時間が経過。

セーフティカーが先導しているうちに給油を済ませようというクルマが給油エリアに渋滞を作ってないかどうか、偵察部隊を派遣します。

偵察部隊からの返答は、まさかの「霧が濃すぎて給油エリア全体が見渡せない!」



それでもセーフティカーの直後、つまり隊列の先頭にいたことが功を奏し、渋滞を回避して2回目の給油(10リットル)を完了。


ピットで服部からボロインプ金川にドライバー交代しました。



金川に交代しても、霧は全く晴れる気配なし。


退屈なレース展開の中、BBQの炎だけは調子よく燃え続けます。

K4GP2017_171005_0036.jpg

K4GP2017_171005_0034.jpg

K4GP2017_171005_0069.jpg


もうこのまま霧が晴れないようであれば、セーフティカー先導のままレースがほぼ終わってしまうだろう、そう考えた我々はある決断を下しました。

「ピットインするだけロスになるから、金川さえよければあと2時間交代なしで走る」


この提案を金川は受け入れ、イカに交代しないままゴールを目指すことに。



そんな中、無線で突然「やべぇ!!!!」と叫ぶ金川。










スピン?クラッシュ?はたまた故障??











嫌な予感が駆け巡る間もなく、続けて叫ぶ金川。








「グリーンだ!!!!」



あわててホームストレートに目を向けてみると、勢い良くグリーンフラッグが振られているではないか!



こうしてほとんど霧が晴れないまま、56周目にレースが再開されました。



結局予定通り、残り1時間のところでピットに戻ってきた金川。

K4GP2017_171005_0058.jpg


ラストドライバー、イカ中佐こと小林に交代します。


この時点で残っている燃料は、15リットル程度。
昨年もそうでしたが、セーフティカーが入ったため燃料は腐るほど余っている状況。


もう燃費なんぞ気にせず攻め続けます。

K4GP2017_171005_0050.jpg

かっこE




ちなみに「燃費を気にしない」と言った割に1周あたりの燃料消費量は豊嶋より微妙に少ないくらいで、そのくせ10秒も遅かった。

いくらウエットだったからって言ってもねぇ。修行が足りない。





K4GP2017_171005_0041.jpg

一方、確実に完走はできるだろう、ということで緩みきっているダートマイスター豊嶋と保科さん。





横転しそうな恐怖と闘いながらイカは周回を重ね、86周目。

チェッカーの振られる18時ちょうどまで、あと僅か。無線で「あと何秒~~!?」とか叫びながらコントロールラインを目指して走ります。



コントロールラインを通過したのは17時59分55秒。




ということでもう1周を稼ぎ、総ラップ数87周、スタートから5時間2分43秒443で無事ゴールしました。


K4GP2017_171005_0054.jpg
↑チェッカー後、ホームストレート入り口で誘導される信大トゥデイ




K4GP2017_171005_0093.jpg

総合順位は46位、GP-2クラス順位は17位という結果でした。







この後、レースが終わって興奮状態が収まったからか、我々は激しい睡魔に襲われながら帰路につき、

途中長野道の塩尻北IC→松本IC通行止めという憂き目に遭い


積車のレンタカー返却期限ギリギリに長野に帰還しました。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




今年は「100周完走」を目標に準備を進めてきました。


ドライバー交代作業のもたつきやレース全体としてのペース配分など、反省すべき点はありますが、ラップタイムそのものやサスセッティング等昨年に比べて確実に進歩している点もあったと感じています。



'16の後輩たちが同じようにK4-GPに出るのか、はたまた別の耐久レースに出るのかはわかりませんが、今回の反省点を次に活かせるように頑張って欲しいと思います。

また、我々も後輩たちが良い結果を残せるよう、最大限サポートしていきたいと考えています。





以上、2017年のK4-GP夏500キロ耐久レース参戦記をお送り致しました。

我々の活動に協賛して下さったスポンサーの皆さん、応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。




これからもASSAC信州大学自動車部をよろしくお願い致します。










K4GP2017_171005_0020.jpg


イカ中佐
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://assacblog.blog94.fc2.com/tb.php/392-98dd1feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

assac

Author:assac
活動内容を報告するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (162)
活動報告 (107)
個人活動 (16)
中西 (25)
お知らせ (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード