FC2ブログ

2020-05

4年間を振り返って

皆さん、お久しぶりです。

農学部保坂改め、総合理工保坂です


コロナ自粛の中皆様いかがお過ごしでしょうか。

自粛が続いており何かとフラストレーションが溜まると思いますが、
どうかこの時期を耐え忍んで早期の事態の収拾へと一丸となって頑張っていきましょう。
こういった苦境の時期を何かとプラスへと転換できていただければ幸いです。
例えば日ごろ目を通さないような下回りの確認とかブッシュ類の確認とか。
おかげで私は車検直前にフロアに大穴が空いていることを発見しました。めでたしめでたし。


さて、少々ブログを書くのが遅くなってしまいましたが
昨年度は修士2年の学年である14’の代と学部4年の代である16'の代が信州大学大学院と信州大学を卒業いたしました。
新型コロナウイルスのため卒業式などが開催されなかったため少々残念でしたが
各自、新たな思いや決意を胸に学び舎を巣立っていったと思います。
今回の記事では簡単に私たち16’を中心に学部の4年間を軽く振り返っていきたいと思います。










思い返せば4年前-------

見ず知らずの土地で大きな一歩を踏み出した私たち16’
純粋な車好きとしてこの信州大学自動車部のガイダンスに参加したのがすべての始まりでした。

・氏名
・学部
・知ってる車種・自動車部単語
・乗りたい車
・好きなAV女優


ガイダンス用のアンケート用紙に記入した時から私たちはワクワクでいっぱいでした。



「絶対にRX-7にのるわ」
「俺はランエボかな」
「僕はランティスクーペかFTOかな」


初対面なのに車トークで盛り上がる
思い返せば私たちは最初から生粋の車ヲタクとして集まるべくして集まったのだと思います




そしてガイダンスの後の食事からのドライブ・・・

あの時初めて先輩方の車に乗った時の衝撃は今でも忘れません。
シビック、インテグラ、セリカ、トルネオ、トレノ、スイスポ、インプレッサ…
ゲームの中でしか見たことのなかった車が車列をなして走っている
それだけで興奮と感動が私の胸をいっぱいにしていました。

「車ってこんなに刺激に溢れるものなのか」

おそらく私以外の16’も同じような感覚を得たと思います。






そこからの4年間は本当にあっという間、そして濃いものでした。

私のトルネオから始まり、
CnC_sMdUIAANiAz.jpg

南のレガシィと青柳のvivio


OB会2017_170914_0042


久保さんのアルテッツァ
imo.jpeg

清水君のミラターボ

IMG_0961.jpeg

オマティスのストーリア
f3609c4d254a826b4c169d33f9378761.jpeg


O友のMR-2
おおとも

なんと1年のうちに全員が車を揃えることができました。

こう振り返ってみると、1年のうちから全員が車を揃えるのってなかなかすごい事だったなと思います。
ここから紆余曲折、様々な経験をして参りました。

車を乗り換えたり
一度自動車部をやめてみたり
横転したり刺さってみたり
不動車になってみたり

そうして私たちは共に時間を過ごしてきました。



















「自動車部での活動で一番記憶に残っている事はなんですか?」

確か去年の新歓でとある新入生に聞かれたと思います。

K4GP?
関ブロ?
新歓ジムカーナ?
OB会?


質問をもらった時、頭の中で様々な記憶が思い返されました。
結局、その質問に対して私はただ

「今、この時だよ」

そう答えたと思います。


なんか自惚れした回答だったと思いますが
私の回答は本当に間違いないと思います。







正直言って自動車部全体が集まって活動する事は少ないです。
同期と顔を合わせるのも少ないです。
他の体育会系サークルの方が数十倍集まって活動していると思います。
だからこそひとつひとつのイベントがとても印象に残るのです。
久々に会う部員の車が変わっていたり、チューンアップされていたり
タコ足キャンパスである信州大学であるからこそ
たまにしかない新鮮さを大切に感じることができたのだと思います。







今となっては自動車好きは世間から白い目で見られがちです。
肩身の狭い思いをしてしまうのは正直否定できません。
スポーツカーに乗っていればモテていたのも過去の話。
今やスポーツカー乗りはヲタクとみられがちです。
それでも楽しい仲間に囲まれて4年間全力で楽しい日々を過ごしてきました。
おかげで彼女にもフラれ、他の女子からも煙たがられていたのも事実です。
それでもそれをはるかに上回る楽しさがありました。














軽one耐久レース_180712_0328


ムードメーカーの南



1大友

いじられ&ツッコミ担当のO友


軽one耐久レース_180712_0342


まとめ役の青柳





しみずくん

淫夢厨兼姫の清水君


軽one耐久レース_180712_0353

女帝のオマティス


11111111111_2018122500381270c.jpg

久保のイモさん



ほさか

優柔不断の私


非常に個性的で濃いメンツに巡り合えたのも私の心の励みになっていました。




この四年間にあったことは本当に私の学生生活のすべてでした。
正直言ってブログには書ききれないほど多くの経験をしてきました。





これから学部を卒業した私たちは社会という大きな壁にぶつかっていくでしょう
困難や挫折もたくさん経験すると思います。
それでも年に1度、もしくは2度
自動車部のジムカーナに参加して思い出話に花を咲かせ
楽しかった4年間を振り返りたいと思います。





車は壊れます。
サビも出るしガタツキも出ます。
エンジンも壊れるし塗装も年々劣化していきます。
そんな儚いものに恋をしてしまった私たちですが
決して後悔することは無いと思います。
儚く脆い自動車という物体。
それに命を懸けてきたその瞬間は決してサビることなく
楽しい思い出として一生残るでしょう。


16’は途中で地元に帰る決断をした久保さん
外部の大学院に進学することになった南の2名が信州の地を去ることになりましたが
残りの5名は揃って信州大学の大学院に進学しました。

気が付けば私も22歳
18歳の大学に入学したあの頃がとても懐かしく思えます。
これから就職をし離散することになってしまいますが
残りの大学生活をさらに楽しみ
就職後の酒のネタを増やしていければと思います。




4年間を振り返る
そう題しましたがかなり抽象的な内容になってしまいましたね。
まあ何を伝えたいかというと
現役生は全力で何かにぶつかって思い出を積み重ねていってほしい
ただそれだけです。

別に自動車部だけでなくても構いません。
恋愛もそうですし学業、他の趣味もです。
恥じるは一瞬ですがやらなくて後悔は一生です。
限りある時間の中でどう自分をアップデートしていくか
まだまだ未熟な私ですが皆様にも意識してもらい今後生活していっていただきたいです







18’は正直新型コロナウイルスにより大きな打撃を受けていると思います。
予定していた新歓行事もすべてキャンセル、走行会の実施もできないと
かなり苦境に立たされていると思います。
先行きが不安な面もありますがこの環境の中でできる最大限のことを実施してもらえばと思います。
人生、予定外のことは案外チャンスだったりします。
この機会に新しい試みに挑戦していく姿をちょっぴり期待してる?かもしれないです。
頑張ってください。







そしてこのブログを見ている1年生の皆さん
大変な時期に入学して思ったようなキャンパスライフをスタートできていないと思います。
私たち自動車部はメールやTwitterのDMなどで質問を受け付けております。
車の相談をはじめ学生生活や履修に関する相談にものっています。
お気軽にご連絡ください。
新入生のフレッシュさを心待ちしております。









以上、コロナ破局で悟りを開いたプレリュード保坂がお送りしました。



手洗いうがいを徹底していきましょうね

2018年度 K4GP_200509_0175


ほさか
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

プロフィール

assac

Author:assac
活動内容を報告するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (166)
活動報告 (128)
個人活動 (19)
中西 (25)
お知らせ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード