FC2ブログ

2019-08

役に立つようで役に立たない、少し役に立つ「型式」のお話

こんにちは。


研究室に配属されたはいいが、自分以外のB4が優秀すぎて困っているイカ中佐です。



完全に浮いています。




バイトの都合で早めに帰ることが多いもんだから尚更浮いてます。


ラピュタくらい浮いてます。






さて、既に何回か新歓ガイダンスが行われていますが、

自分は全く行けていないので

ブログから地味に貢献しようと思います。




クルマに関してある程度知識がある新入生にとっては「もう知ってるわい」っていうような話かもしれませんが

今回はクルマの「型式」について




信州大学自動車部公式サイトの「自動車部用語集」によると




車の名称とは別に存在する特有の呼称

メーカーごとに決められた法則によって英数字を用いられ
型ごと、グレードごとに微妙に違っている

たとえば
シビックだと EG6やEK9やFD2などなど
レビトレだと AE86やAE101やAE111など

車を型式で呼び出したらあなたも立派な自動車部員です

ただ一般人の前で多用すると変な目で見られるので注意が必要






ただ「シビック」や「トレノ」と言っても何世代にも渡って数々のバリエーションがあるわけで、

それをもっと限定的に言及できるのが「型式」ですね。




ちなみに型式の前に「E」とか「TA」とか「ABA」とか「CBA」とかの記号がついている場合がありますが

これらは排出ガス規制の識別記号です。


覚える必要性はそこまでないです。







車種によっては型式でFFか4WDかを区別できたり

セダンタイプかバンタイプかを区別できたり

搭載エンジンを区別できたりします。



特に解りやすいのはトヨタ系ではないでしょうか。



トヨタ車の型式は

「搭載エンジン」「車種を区別するアルファベット」「世代を表す数字」

だいたいこんな感じだと思っておけばいいでしょう




例えば4枚ドアドリ車の定番「X100系マークⅡ・チェイサー・クレスタ」を見てみると


1JZ、2JZが載っているものはJZX100

2リッターの1G-FEが載っているものはGX100



なんてわかりやすいんでしょう






この型式が重要になってくるのが、

純正部品買う時とか車高調なんかのアフターパーツが適合するかどうかとかという時。


あと、競技にエントリーする時なんかに型式を書かないといけない場面も多いので

少なくとも自分のクルマの型式くらいは把握しておきましょう。



かと言って、型式が一緒でも年式によって微妙に構造が違うことも多々あるので

自分のクルマの型式、年式やマイナーチェンジ時期は正確に覚えておいて損はないでしょう。




ちなみに私イカ中佐の「Kei」は「HN##S」なのですが

・エンジンがF6Aシングルカムだと「HN1#S」
・エンジンがK6Aツインカムだと「HN2#S」
・2001年4月のマイナーチェンジ以前が「HN#1S」、以後が「HN#2S」


つまりK6A搭載でマイナーチェンジ後の私のKeiスポーツは「HN22S」ということ




型式はシンプルですが、11年もフルモデルチェンジせずに生産されたロングセラー車だけに
マイナーチェンジごとに「1型」から「11型」まであるっていうんだから

これがややこしいったらありゃしない

最上位のホットモデルのグレード名も時期によって変わっていて

・1型では「Keiスペシャル」
・3型から5型までは「Keiスポーツ」
・6型から最終11型までは「Keiワークス」



バンパーやライトの形状みたいな解りやすい部分はともかく、時期によってはサスペンションやインテークの形状も違うので

よく調べないで買うと「装着できねぇ!」ってことになりかねません



私もパワーフロー(通称:毒キノコ)を買う時に「ワークス用買っときゃ大丈夫だろ」とか思ってたら

「ワークス」はインテーク形状が真円、しかし自分の「スポーツ」はよく見ると楕円



というわけで、パイプが楕円っぽいスズキ用を探しまくって、激安で出てきたCT系ワゴンR用を買ったら







よくわかんねぇけどなんか装着できました。



ステーがないからインテークにぶら下がってるけど。




今日も情けないバックタービンサウンドを轟かせています。



壊れてからメクラで塞いでいたブローオフバルブを交換してホース類もちゃんと接続したのに

バックタービンサウンドがします。








……







今度はソレノイドバルブが逝きやがった!

F***************CK!!!!!!!!














話が大いに脱線しましたが




車名よりも型式で呼ばれがちなクルマを以下に紹介しておきましょう



「ハチロク」(AE86 レビン・トレノ)
「イチサン・イチヨン・イチゴー」(S13、S14、S15 シルビア)
「サンニー・サンサン・サンヨン」(R32、R33、R34 スカイライン)
「サンゴー」(R35 GT-R)
「GC8・GDA・GDB」(インプレッサWRX)
「NA・NB・NC・ND」(ロードスター)
「FC・FD」(FC3S、FD3S RX-7)
「KP」(KP61 スターレット)





逆に「あまり型式で呼ばねぇなあ」っていうクルマの代表例は「ランサーエボリューション」。


だいたい「エボ3」とか「エボ5」とか「エボX」とかで区別できちゃうからねぇ。






というわけで、「役に立つようで役に立たない、少し役に立つ」と銘打ってお送りしました、「型式」のお話。



もう一度「用語集」より





車を型式で呼び出したらあなたも立派な自動車部員です






立派な自動車部員を目指して、新入生の皆さんも頑張っていきましょう。





新刊ガイダンスは残り2回

今日(17日)と明後日(19日)の19時半から、26番講義室で行うそうです。


先輩たちと共に新しい時代への一歩を踏み出しましょう。



以上、イカ中佐がお送りいたしました。
IMG_20190417_154655.jpg
スポンサーサイト

新入生向け、クルマ選びのアドバイス

お久しぶりです。


何故かLINEスタンプを売り始めた、'15ブロガーイカ中佐です。





保坂からテキトーなパスが回ってきた気がするので





わざわざこのブログに来てくれた新入生の皆さん(何人もいるのかは知らねぇけど)に向けて



非常にザックリとしたクルマ選びアドバイスをお送りしたいと思います。










序章 クルマ選びに移る前に


クルマがほしいと思った大学生がまず最初にすべきことは何でしょう。




















免許を取ることですね。












もう免許持ってるゼ!という気合の入った新入生もいないわけではないですが


大半の新入部員は1年生の間に免許を取りに行くことになります。







近年はマニュアル車の需要も減り、オートマ限定免許を取る学生が非常に多いです。

確かに、普通に生活するうえではマニュアル車は必要ありません。

2ペダルMTの普及もあって、スーパーカーもオートマ限定で乗れる時代です。





クルマ好きの中にも「免許なんてオートマ限定で十分だろ」という人がいるかも知れませんが、


私イカ中佐は、自動車部に入ろうが入るまいがマニュアルで免許を取ることを強くおすすめします。




スポーツ走行をする気はないし・・・という人でも

マニュアルで免許を取っておけば、「世間一般のありとあらゆる普通車を運転できる」わけです。




親戚や先輩から安くクルマが出てきた時なんかも、マニュアル免許を持っていれば安心ですね。







オートマ限定だと、「せっかく安く手に入れるチャンスだったのに、マニュアルだったから乗れない・・・・・・」なんてことになりかねません。





そんなつまらん理由で諦めるのは、お金のない学生にとって非常にもったいないですからね。



















オートマや2ペダルMTの有り難みを強く実感できるのもマニュアル車を経験した人の特権です。






そういう技術への関心が、もしかしたら将来の研究や職業選択に役立つかもしれません。






・・・・・・知らんけど。










それでは、本題に入っていきましょう。








その1 やりたい競技に合わせたクルマ選び


要するに

「自分はドリフトがしてみたい!」
IMG_0954.jpeg

「俺はジムカーナをやってみたい!」
2018年 部外ジムカーナ_180708_0184

「僕はダートラをやりたい!」
nomugi.jpg


というような場合。












中古の競技車両を購入しましょう。








特にこういった競技ではLSD(リミテッドスリップデフ)や乗員保護のためのロールバーといったパーツが必要不可欠なのですが


f3609c4d254a826b4c169d33f9378761.jpeg
↑乗員保護の重要性を我々に訴えている画像



新品だとけっこう高いです。


元からLSDやロールバーが入っている車両を買えば、すぐに競技を始められます。






よっぽどお金や技術があるならば

最新のZC33SスイフトスポーツやA90スープラを買ってきて

イチから車両製作を行うのもアリですが



お金のない学生には到底ムリなお話。





競技車両としてポピュラーな車種なら、「部品取りが2台くらい積んである」なんていう話もあるので


先輩部員に相談すれば、お世話になっているショップさんなどから安くクルマが出てくるかも。






競技車両としてポピュラーな例

ドリフトの場合・・・シルビア
ジムカーナの場合・・・インテグラ シビック
ダートラの場合・・・CJ4Aミラージュ EPスターレット
ラリーの場合・・・スイフトスポーツ ヴィッツ
軽自動車レースの場合・・・トゥデイ アルトバン ミラ






当然ですが、競技をやり込めばクルマにかかる負荷も大きくなり、いろいろと不具合や故障が出てくるものです。



ポピュラーな車種なら、壊れやすい部品や流用できる部品などの情報も多く、「ミッションブローしたけどLSDが入ったミッションがすぐに見つかった」なんてこともあります。









あと、街乗りでの快適性能はどうしても犠牲になります。

競技車はだいたい2名乗車になっていることが多く、友達も乗せられません。








もちろん、「サーキット走行をやってみたい!」「峠アタックに出てみたい!」


という場合でも、それに特化した車両が見つかるかもしれないので、探してみましょう。







その2 あの憧れのクルマに乗りたい!という場合のクルマ選び




よっぽどの希少車やらスーパーカーやら旧車やらでない限りは、少なからず中古車市場に出回っている、はずです。たぶん。



なので、頑張って探して、頑張ってお金貯めて、頑張って程度の良い車両を手に入れてください。



よく壊れるようなクルマの場合は、整備力を身に着けておきましょう。



IMG_0960.jpeg
↑憧れていたクルマに乗っていて、かつ整備力がある例





ネット社会なので、情報は簡単に手に入ります。


ガセ情報を掴まされないためのネットリテラシーも身に着けておくとベターかもしれませんね。




純正部品が少なくなっている車種の場合は、流用できる部品の情報を集めたり、壊れやすい部品を手に入れるためのルートや人脈を作ることも大切です。



かつて某外国車に乗っていた先輩は、中古のECUを複数個ストックしていたとか・・・






その3 上の2つに当てはまらない場合のクルマ選び




ここからがマジの本題です。




このブログを読んでいる人の大半は、「クルマに興味はあるけど、車種に強いこだわりもないし、競技はまだよくわからないし・・・」


という感じだと思います。




こういう場合は

・1990年代後半~2000年代
・マニュアルのスポーツグレード



というような国産車を選べば、これだけでも十分に楽しい自動車部ライフを送ることができます。


以前保坂がおすすめ車種として挙げていた

・NCP13 ヴィッツRS
・ZC31S スイフトスポーツ
・HB21S アルトワークス
・NB8CE ロードスター



これらも上記の条件を満たすクルマですね。





他にも


・デミオスポルト
・AE111 レビン/トレノ

・フィットRS(ただし初代は部品がすでに少なくなっているとか・・・?)
・L880K コペン
・L235S/L245S エッセ
(RSではなく軽量な"ECO"がおすすめかも)
・ZZT231 セリカSS-Ⅱ
・Z27AG コルトラリーアートバージョンR




などが挙げられます。



サーキット走行や峠アタックに参加するなら、ロールバーが入っている車両があればベター。




ただし、アルトワークスのような軽ターボ車はちょっと注意が必要です。

グレードによって、シングルカムとツインカムが存在する場合があります。




シングルカム車を購入すると、

「あれ?カムシャフト一本足りなくね?」などとイジられます。

2018年 部外ジムカーナ_180708_0263
↑しょっちゅうイジられるAOYG前部長のアルトワークス

また、同一車種でも四駆と二駆が存在する場合があるので、よく考えて購入しましょう。


信州は雪国なので、四駆なら冬も安心ですし、スノーアタックなどを存分に楽しむことができますが、ジムカーナなどでは構造上サイドブレーキが引けないので、あまり面白くはありません。


二駆なら、サイドブレーキを使って遊ぶことができますが、反面、冬は微妙です。






「条件を言われただけじゃよくわかんないよぉ」という人は

ぜひ自動車部ガイダンスに来て、いろんな先輩方からおすすめ車種情報をゲットしましょう。








競技やスポーツ走行については、そのクルマに合う楽しみ方をすれば良いと思います。





自動車部で定期的に開催しているジムカーナなら、思い思いにクルマを振り回せます。



FFならサイドターンをやってみたり

FRならドリドリしてみたり

「思い通りにクルマを操る楽しさ」を体感しましょう。







かく言う私イカ中佐も、最初に乗ったクルマはZC31Sスイフトスポーツでした。



スイフトに乗っていた頃は、群サイの峠アタックにターゲットを絞っていました。


峠アタック第一戦_170515_0065







いま乗っているクルマはHN22SKeiスポーツの4WDです。


2018年 部外ジムカーナ_180708_0336


Keiに乗り換えてからは、スノーアタックや氷上走行会、あと塗装を主に楽しんでいます。








いろいろな楽しみ方を経験して、そのうえで競技に興味が湧いたなら

競技車に乗り換えて、本格的にタイムを削る世界に飛び込みましょう。





















というわけで、イカ中佐によるクルマ選びアドバイスでした。








「参考になった」という方も、「よくわかんねぇよ」という方も

ぜひ新歓ガイダンスに足を運んでみてください。


いろんな先輩たちのいろんなクルマを見て、乗って、

自分にあったクルマ選びの参考にしてくれたら嬉しいです。




ガイダンスの日程は

4月 10日
  12日
  17日
  19日


です。

場所や開始時刻は追ってお知らせいたします。




最後までご覧いただきありがとうございました。











イカ中佐

第54回関東-中略-競技会エントリーについて

IMG_20150607_104204.jpg


皆さんいかがお過ごしでしょうか

旧友からの結婚式の招待に焦りを感じる近藤です.





表題の通り,本年度の第54回関東甲信越学生自動車連盟競技会のエントリーについてお知らせいたします.

大会概要は以前にお知らせした通りです.
==========================================
期   日:2015年8月18日(火)
場   所:新潟県妙高市 妙高杉ノ原スキー場
競技内容:パイロンジムカーナ
==========================================


さて,本大会の事前エントリーについてご案内いたします.
////////////////////////////////////////////////////////////////////////
まずは最新版

---------------------------------------------------------
特別規則書:http://www1.axfc.net/u/3507397
参加申込書:http://www1.axfc.net/u/3507384
---------------------------------------------------------
をダウンロードしてください!
以前にみなさまにご案内したものと基本的に同一ですが,参加費の振込先等が異なっています


申込書に必要事項をご記入の上,規則書に記載の住所まで
「団体ごとにまとめた上で」郵送してください!

もしくは,画像ファイルやPDF等で信大自動車部のGmail宛にに送って頂いても大丈夫です.


参加費は,下記ゆうちょの口座まで「団体ごとにまとめて」ご入金ください!

競技参加者一人あたり 8000 円(昼食込)

--------------------------
 ゆうちょ銀行
  店名 一一八
  店番 118
  口座番号 2800818

--------------------------
振込が完了しましたら,Gmailにご一報いただけると幸いです.
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////

事前エントリーの申し込み期限は8/5(水)までです.
もし期日に間に合わない場合,予めご連絡をいただければ個別に対応いたします.
事前エントリーをしていただければ昼食をご用意いたします.

当日エントリーにつきましては,大会HP【http://kanblock.wiki.fc2.com/wiki】をご覧ください.

それではみなさまのご参加を部員一同お待ちしております.


近藤

第54回関東甲信越学生自動車連盟競技会のお知らせ



皆さんいかがお過ごしでしょうか

同期と卒業旅行に行ったのにまだ卒業していない近藤です.



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


さて,表題の通り,本年度の第54回関東甲信越学生自動車連盟競技会についてお知らせいたします.

==========================================
期   日:2015年8月18日(火)
場   所:新潟県妙高市 妙高杉ノ原スキー場
競技内容:パイロンジムカーナ

※前日練習会
期   日:2015年8月17日(月)
場   所:同上
競技内容:同上  
==========================================
詳細は大会ウェブページ【http://kanblock.wiki.fc2.com/wiki】をご確認ください.



加盟校以外の自動車部のみなさまも本大会,前日練習会共に参加していただけます!
練習会のみの参加も大歓迎ですので,興味のある方は【assac.mail@gmail.com】までご連絡をお待ちしております.


加盟校の自動車部のみなさまには先ほどメールを送らせて頂きました.
万が一届いていない場合は【assac.mail@gmail.com】までご一報ください.


エントリー方法や参加費等につきましては今後随時更新していきます.
みなさまの参加を部員一同お待ちしております.


近藤

«  | ホーム |  »

プロフィール

assac

Author:assac
活動内容を報告するブログです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (162)
活動報告 (124)
個人活動 (16)
中西 (25)
お知らせ (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード